素敵な素敵な結婚式にしましょう!
ブライダルグッズで幸せおすそわけ

手作りウェルカムボードを作ろう!

パソコンで作る

パソコン

WindowsでもMacでも、デザインソフトを使えば簡単にできちゃいます。時間もお金もそんなにかかりません!誰にでも出来ます。写真などを貼りこむのだってとっても簡単です。ウェルカムボードに出来る大きさ(A3程度)に出力できるカラープリンタがあれば1時間で出来ます。

A4しか出せないようなインクジェットの家庭用プリンタでやるなら、ハイグレード専用しを使ってきれいに印刷して、お店でカラー拡大コピーしてもらいましょう。使う紙に凝ったり、ボード周りをプリザーブドフラワーの花で装飾するなどすればあなたもプロ並みになっちゃいます!

日曜大工で作る

60p×80pくらいの板を用意して、きれいな布を貼ります。(段ボールでもいいですよ)後は、DIYショップなどで売っている文字パーツ(表札を作ったりするのに使うもの)で好みの言葉を並べて貼り付けます。【Happy Wedding】など。そして二人の名前や日付など。既製品のコルクボードなどを使うとさらに手軽です。その場合は文字パーツに色を塗るなどしてアクセントをつけましょう。

文字の大きさや字体にあまり凝れないので地味になりがちですが、背景の布やまわりを飾るプリザーブドフラワーどのバランスを考えて作れば、たった一つの手作りが完成です!!

手芸で手作り

50p×50pくらいのクッションにメッセージを刺繍したものがよくありますよね。やはりその場限りでない、後でも使える物って言うのが良いんでしょうね。手で丁寧に刺繍したものはなかなかゴージャスですから、刺繍が得意な人は試してみてください!クロスステッチ用の布に文字を刺繍すれば失敗も少なく、初心者にはお勧めです。

また、ウェルカムベアも手作りするなら、ベアとの組み合わせで使うパターンというのも良いですね。メッセージを書いた板や旗などを二匹のクマに持たせるのも素敵です。

手書きで手作り

2人によく似た似顔絵を描いたもの、というのがありますね。一目見れば「ここだ!」とすぐ分かるという点では、看板としては一番かもしれません。本人が描けなくても、絵心のある知人に頼んで描いてもらうのもよし、後は観光地などで似顔絵書きさんに描いてもらうというのも手です。

ステンシル、カリグラフィーなどで書くのも、手書きに入ります。いずれも初心者からできる本やキットを利用したり、短期の教室に通ってみたりするのもいいですよ。

写真もので手作り

ゲストというのは、新郎新婦いずれかの事を知っている方々ばかりです。もちろん、今の2人を知っている人もいれば、中学時代のあなたの方が印象に深い恩師や小さい頃から会っていない親戚などもいるでしょう。会場に懐かしい写真を置くことによって、久しぶりに会ったゲストとの距離を縮めてくれるかもしれません。

もちろん列席している古い友人達との、学生時代の写真を貼ったり、最近の写真では新郎新婦がそれぞれに仕事をしている様子などを貼るのもいいですね。結婚式や新婚旅行を事前に済ませている場合は、報告がてらその写真も載せてみましょう!衣装の前撮りを行っている人も使えますね。

その他

油絵用の白いキャンパスに油性マジックで寄せ書きをしてもらうというのも素敵です!キャンバスにはあらかじめ、油性絵の具でWedding Reception などの文字や似づけなどを書いておき、受付時や披露宴の最中などにゲストにメッセージを書いてもらうのです。テーブルごとに回す色紙とウェルカムボードを兼ねたアイデアです。

pickup

オリジナル ポロシャツ
http://www.wedia-t.com/products/list.php?category_id=8

2015/5/21 更新


Copyright(C) 2008 ブライダルグッズで幸せおすそわけ All rights reserved.